メリット・デメリット

認定留学の最大のメリットは、留学期間中も日本の大学の在籍期間と認められるため、1年間休学することなく4年間で大学を卒業できることです。これは留学先の大学で取得した単位を日本の大学に移行できるためであり、帰国後に将来海外の大学に留学する際にも、認定留学中に取得した単位が認められるというメリットもあります。

また先ほども述べましたが、各大学が行っている交換留学制度の場合は大学の協定校以外に選択肢が無いのですが、認定留学は協定校に限らず自分で希望する大学を選ぶことができるのも魅力です。ただし、交換留学と異なり認定留学の場合は留学費用は全額自己負担になり、留学中も日本の大学に在籍している扱いとなるため、日本の大学にも学費を払わなければならないことが多い点はデメリットと言えます。

さらに交換留学と違って留学に際しての手続きはすべて自分で行う必要があり、認定留学をする留学先の大学の入学条件を満たすだけの英語力や学業成績であることが前提になっているので、ただ留学したいという漠然とした希望の場合は通らないことの方が多いと言えます。そして何よりも、認定留学する留学先で取得した単位が確実に帰国後に日本の大学の単位として認められることを事前に確認しておくことが絶対条件になります。

交換留学との違い

交換留学という制度を持っている大学は数多いのですが、交換留学の場合留学する先の大学は日本の大学の協定校に限定されるうえ、通常は定員が非常に少ないので、その枠を勝ち取るためにはかなりの激戦になることが珍しくありません。審査や試験などを受けて合格することが求められるので、留学を希望したからと言ってそのままだれでも留学できるというものではありません。

そして、交換留学の場合費用面でもとても優遇されているため、学業優秀で留学に対する高い意識のある学生であれば大学の認定試験に合格すると留学費用の多くを負担してもらえるなどの恩恵を受けることができます。しかし実際に交換留学できる学生はほんの一握りの学生に限られます。そして、通常1年間の留学期間中は大学を休学することになるので卒業は1年間遅れることになります。

認定留学制度であれば日本の大学に在籍しながら海外の大学に1年間留学して、留学先で取得した単位を移行できるので、留学期間も在籍していることとなり4年間で卒業できるという仕組みです。さらに、交換留学とは異なり大学が協定を結ぶ学校以外にも自分の目的などに合わせて留学する学校を選べるという違いがあります。ただし、留学先で履修した単位が確実に日本の大学の単位として認められるものであるかどうかを事前に確認することが大前提です。