メリット・デメリット

認定留学の最大のメリットは、留学期間中も日本の大学の在籍期間と認められるため、1年間休学することなく4年間で大学を卒業できることです。これは留学先の大学で取得した単位を日本の大学に移行できるためであり、帰国後に将来海外の大学に留学する際にも、認定留学中に取得した単位が認められるというメリットもあります。

また先ほども述べましたが、各大学が行っている交換留学制度の場合は大学の協定校以外に選択肢が無いのですが、認定留学は協定校に限らず自分で希望する大学を選ぶことができるのも魅力です。ただし、交換留学と異なり認定留学の場合は留学費用は全額自己負担になり、留学中も日本の大学に在籍している扱いとなるため、日本の大学にも学費を払わなければならないことが多い点はデメリットと言えます。

さらに交換留学と違って留学に際しての手続きはすべて自分で行う必要があり、認定留学をする留学先の大学の入学条件を満たすだけの英語力や学業成績であることが前提になっているので、ただ留学したいという漠然とした希望の場合は通らないことの方が多いと言えます。そして何よりも、認定留学する留学先で取得した単位が確実に帰国後に日本の大学の単位として認められることを事前に確認しておくことが絶対条件になります。

交換留学との違い

交換留学という制度を持っている大学は数多いのですが、交換留学の場合留学する先の大学は日本の大学の協定校に限定されるうえ、通常は定員が非常に少ないので、その枠を勝ち取るためにはかなりの激戦になることが珍しくありません。審査や試験などを受けて合格することが求められるので、留学を希望したからと言ってそのままだれでも留学できるというものではありません。

そして、交換留学の場合費用面でもとても優遇されているため、学業優秀で留学に対する高い意識のある学生であれば大学の認定試験に合格すると留学費用の多くを負担してもらえるなどの恩恵を受けることができます。しかし実際に交換留学できる学生はほんの一握りの学生に限られます。そして、通常1年間の留学期間中は大学を休学することになるので卒業は1年間遅れることになります。

認定留学制度であれば日本の大学に在籍しながら海外の大学に1年間留学して、留学先で取得した単位を移行できるので、留学期間も在籍していることとなり4年間で卒業できるという仕組みです。さらに、交換留学とは異なり大学が協定を結ぶ学校以外にも自分の目的などに合わせて留学する学校を選べるという違いがあります。ただし、留学先で履修した単位が確実に日本の大学の単位として認められるものであるかどうかを事前に確認することが大前提です。

費用はどれくらい?

交換留学の場合、学費や滞在費などを大学が負担してくれる制度があるため、留学にかかる費用はかなり抑えることができるケースが珍しくないのですが、それに対して認定留学の場合は留学費用はすべて自己負担となるため事前に費用計画をしっかりと立てておく必要があります。

また、認定留学の場合は日本の大学に在籍しながら留学することになるので、その費用も必要になります。認定留学ですべて自費で留学する場合、まず授業料、滞在中の事故や病気に対応するための留学保険費用、大学での教材費、パスポートやビザなどの取得費用、渡航費用、留学先での滞在にかかる家賃や食費、交通費などの生活費などが主な費用です。授業料に関してはどんなプログラムに参加するかによって扱いが変わってくるのですが、認定留学の場合、在学している日本の大学と留学先の大学のそれぞれの授業料が必要になることが多くいので、学費が二重にかかることになります。

最近では認定留学中の学費の負担軽減を考慮する大学もありますが、最も大きな費用を占める学費の事ですので事前にきちんと確認しておくことが求められます。その他の費用に関しては留学先の国や地域、滞在先の形態が寮か民間のアパートなのか、留学時の為替レート、滞在先でどのように過ごすかによっても留学費用として必要になる金額は変わってきますが、1年間の留学を検討する場合、100万円から200万円程度の金額が授業料以外にも必要になると言われています。

認定留学とは?

日本にもグローバル化の波は確実に押し寄せていると言われながらも、最近の学生は内向き志向が強くてあまり海外に出たがらないと言われることがあります。しかし実際には決して内向きというばかりではなく、留学することを望んでいる学生が少なくありません。けれども、今や多くの学生が奨学金を受けながら大学に通っている中で、なかなか留学費用の捻出は難しいという人が多いとも言われています。各大学も国際化をうたって多くの留学プログラムを準備しているのですが、日本の大学に入学してから留学するとなると、一年間休学することになるケースがほとんどです。

また、留学という響きから海外の大学に進学するというイメージを持ちがちですが、多くの場合語学留学であり、留学先の大学で学ぶのではなく、たとえば英語圏への留学ならば、その国にある英会話スクールに通うといった内容です。日本の大学はその間休学することにり、学費の負担期間も長くなりますが、その分基礎英語からビジネス英語まで徹底的にマンツーマンで学べるスクールもありますので興味のある方は調べてみるといいでしょう。

TOPIC《セブ留学なら1週間から可能なセブスマにお任せ!

認定留学というのはこのような一般的な留学とは異なり、日本の大学に在学中に留学先を自分で選んで一年間留学して、そこで取得した単位を帰国後に日本の大学で取得した単位として認めてもらうというシステムです。ただし、この認定留学は留学で取得した単位を日本の大学が認めるシステムでありながら、大学にはきちんとした明確な規定がないため、留学先の大学での履修科目を入念に確認しなければなりません。そのため、せっかく留学したのに結局単位が認定されずに留年してしまうといった危険性をはらんでいます。